内需主導めざしベア2500円 私鉄総連

2012.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私鉄総連(渡辺幸一中央執行委員長)は2月2日、第2回拡大中央委員会を東京都内で開き、12春闘方針を決定した。日本経済の内需主導型への転換をも視野に入れつつ、定昇相当分2.0%にベア分2500円を加えた基本給の引上げを求める。定昇相当分は、定昇相当額1500円+調整給2040円。

 一時金に相当する年間臨時給は5カ月分が基本だが、昨春闘で削減を余儀なくされた組合は回復分を強く求める方針。

関連キーワード:
平成24年2月13日第2860号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ