危ない前兆見逃すな 「井笠鉄道」例に要請 私鉄総連・藤井委員長

2012.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経営不振で10月末日にバス事業を全廃した岡山県の老舗運輸会社・井笠鉄道の件で、私鉄総連の藤井一也中央執行委員長は12月6日、「少しでも危ない前兆を見逃さない対応が必要」と述べた。

 今年7月に発足した藤井執行体制になって初の第1回中央委員会冒頭あいさつで触れたもの。全国の地方鉄道やバスが同様の事態に陥らないためにも、会社の経営状態に対するチェック機能を果たすよう要請した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年12月17日第2901号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ