2年連続ベア求める 日建協16春闘 初任給の引上げも

2016.02.01 【労働新聞】

 建設ゼネコンのホワイトカラー職員の労働組合でつくる日建協(田中宏幸議長)は1月21日、16春闘の要求方針を発表した。水準こそ示さないものの「ベースアップ」にこだわった要求を呼びかけている。15春闘で久方ぶりに実現したベア獲得を継続することで、人材の確保・育成につなげたい考えだ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月1日第3051号6面

あわせて読みたい

ページトップ