低賃金で県外流出 若者の3割超が訴え 宮崎県

2019.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮崎県の大学3年生の約3割超が給与水準の低さを理由に県外への就職を決めたことが、同県の調査により分かった。

 卒業後に働きたい場所は46.9%が県外と回答している。県内は30.6%、未定は20.3%だった。県外を選んだ理由は給与水準が34.7%で最も多かった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月11日第3196号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ