“失敗事例”に学ぶ 政府などに要請へ 金属労協

2012.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 金属労協(IMF―JC・西原浩一郎議長)は4月25日の常任幹事会で、2012~2013年にわたって政府などに要請する政策・制度課題を正式にまとめた。

 円高是正・デフレ脱却といったものづくりを支える「マクロ経済環境整備」や、「環境と経済成長が両立するエネルギー・環境政策」などと並ぶ柱の一つに「ものづくり産業の国内拠点の維持・強化に向けた事業環境整備」を掲げている。その具体策の目玉として「失敗事例の共有化」を謳ったのが一つの特徴だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月14日第2872号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ