テクノインストラクター増員へ 4次産業革命で

2019.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、第4次産業革命に対応した人材育成や生産性向上に資する支援・企業内訓練の推進に向け、今後10年間で2000人のテクノインストラクター(職業訓練指導員)を確保・養成する考えである。

 職業能力開発短期大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発促進センターなどにおいて職業訓練指導を担うのがテクノインストラクター。

 現在、補充募集枠に対する充足率は約75%に留まる。平成26~28年度実績は686人の募集で519人を採用しただけ。テクノインストラクターの拡充により第4次産業革命への対応を図る。

令和元年11月18日第3233号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ