月給制組合員は3500円増加 NCCU処遇調査

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本介護クラフトユニオン(NCCU・二宮利夫会長)は、最新版の処遇改善調査をまとめた。一昨年に比べ昨年の処遇がどう変化したかを探ったもので、13の職種ごと当事者にアンケートを行った。月給制組合員1259人(62.6%)、時給制組合員930人(46.5%)から回答を得た。

 それによると、昨年8月時点の月給制組合員の平均賃金(手当込み)は21万3196円で、前年同月より3507円(1.6%)の増加となった。時給制の平均時給は1020円で、同様に9円(0.9%)の増加となり、同月の賃金は12万6547円。

 双方の税込み年収は、順に291.3万円、153.8万円で、賃金改訂結果には「不満」との声が圧倒的に多い。

平成24年1月30日第2858号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ