雇用創出基金継続を 首都圏9都県市が国に要望

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 首都圏の1都3県と政令指定都市5市の9都県市は連名で、国に対して「総合的な雇用対策の確立」に関する要望を行った。平成24年度で終了する緊急雇用創出事業臨時特例交付金による基金事業の継続に加え、新たな雇用対策を早急に打ち出すよう求めた。

 要望書によると、20年度に開始した同基金事業など、これまでの国の緊急雇用対策が雇用情勢の悪化を最小限に抑えたと評価。同基金事業が原則として24年度で終了することから、今後も求職者を正規雇用や長期就労に結び付けられるよう、25年度以降も基金事業を継続するとともに、実効性の高い事業の立上げを訴えている。

 さらに、新たな雇用対策は地方自治体の自主性を尊重する制度とし、対策を実行するための十分な財源を確保する必要もあるとした。

関連キーワード:
平成24年12月24日第2902号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ