現場監督の過労死で送検 時間外117時間超える 建設業者 納期迫り36協定違反 半田労基署

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知・半田労働基準監督署(尾野吉則署長)は、36協定の延長限度を超えて労働者を働かせたとして建築・土木工事業の㈱大進(愛知県半田市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで名古屋地検半田支部に書類送検した。現場監督を担当していた労働者が過重労働が原因とみられる疾患で死亡したのを機に捜査に着手。同社に36協定違反の認識はあったが、発注元に提出する報告書の期日が迫っていたため黙認していたという。死亡した月の時間外労働は117時間を超え、休日労働を合わせた総労働時間は約330時間に上る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ