長時間労働で健康面が不安 テレワーク調査

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱NTTデータ経営研究所(東京都)は、「ワークスタイル」に関するアンケート調査結果をまとめた。情報通信技術(ICT)ツールを利用したテレワークについて、ホワイトカラー正社員の4割以上が、長時間労働などによる健康への悪影響を心配している。調査では、従業員規模30人以上の企業に勤務するホワイトカラー正社員1090人から有効回答を得た。

 テレワークに対する意見をみると、回答者の43.7%が「便利なICTツールを利用したいものの、心身の健康を損なうようなワークスタイル(長時間労働、強制的な深夜・休日労働)を強いられる懸念がある」としている。

平成24年11月19日第2897号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ