100mSv以上に関連性 がん労災認定で方針 厚労省

2012.10.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 胃がん、食道がん、結腸がんは、被ばく線量100ミリシーベルト以上から発症との関連が高まる――厚生労働省は、放射線業務従事者に発症したがんに関する労災請求がみられたことから、疫学調査報告書の分析結果をまとめ、当面の労災補償の考え方を提示した。

 それによると、胃がん、食道がん、結腸がんの労災補償に当たり、以下3項目を総合的に判断するとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月22日第2893号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ