厚労省・新事業展開支援 訓練カリキュラムを開発 地場の人材育成促進

2012.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

業界団体と教育機関連携で

 厚生労働省は、経済社会のグローバル化、急速な円高に伴う生産拠点の海外移転などにより地場産業の衰退が懸念されるとして、企業を人材面で支える「新事業展開地域人材育成支援事業」をスタートさせた。地域の業界団体と教育訓練機関が連携共同して、具体的な新事業展開に必要な技能・技術を付与するためのカリキュラムを開発したうえ、これに基づく教育訓練を実施する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年7月2日第2879号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ