新卒採用抑制へ懸念を表明 厚労相・構成いびつに

2012.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 小宮山厚生労働大臣は、公務員の新卒採用を大幅縮小するとの政府方針に対し、「若い人を減らしすぎると、省庁の構成自体がいびつになってくる」との懸念を表明、「今後折衝の場でしっかりと発言していく」と述べた。

 このほど開いた記者会見での発言。政府方針に沿って一定の削減はしなければいけないとしたものの、厚労省では被災地のハローワークに、全国から延べ2万人ぐらいの応援が入っているなど、「一定以上の削減は影響が大きい」とした。

平成24年4月9日第2868号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ