リース協会 学生への知名度アップをめざす ワークショップ開催

2019.10.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 オリックス㈱や日立キャピタル㈱など正会員89社、賛助会員147社で構成する公益社団法人リース事業協会(井上亮会長)はこのほど、大学1~2年生を対象にしたワークショップを初めて開催した。「リース事業を知ってもらう」をテーマに、業界の知名度アップをめざした。

 リース業界の企業は大多数がBtoBで、学生にとっては各社の認知度は低調なのが実態。ワークショップを開き、将来的な就職先の候補に入れてもらうことを狙った。一般企業などに就職した場合でも、リース業界の顧客になってもらう狙いもある。

 ワークショップでは、大学内にあるパソコンなど身近にリース物品があると紹介した。その後、業界で働く先輩社員との交流の場を設け、学生が“生の声”を聞ける場を設けている。

ジャンル:
令和元年10月14日第3228号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ