安全に意欲ある企業を評価 ホームページへ掲載 次代の中核人材育成も 厚労省・24年度事業

2012.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は平成24年度、「安全から元気を起こす戦略」と銘打って、現場の安全力の維持・向上対策に力を入れる方針である。企業の安全活動の活性化支援を拡充するとともに、新たに安全活動に意欲のある企業が評価される仕組みづくりや、次代の安全の中核を担う人材の育成事業を開始する。近年の厳しい経営環境により取組みが後退し、「足元が危うい状態」の企業が少なくないとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月6日第2859号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ