若年者 紹介予定派遣で就職促進 対象者を大幅増へ 東京都 24年度事業

2012.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は平成24年度、紹介予定派遣を利用した若年者の就業支援を強化する。新卒未就職者を採用意欲の高い中小企業に導く就業支援プログラムを拡充し、対象者数を23年度の750人から1000人に増やす。ビジネスマナーなどに関する研修を実施したのち、人材を求める中小企業への紹介予定派遣を通じて正社員としての就職を後押しする。今後の成長が見込まれる「環境」「健康」などの産業分野に対しても新たに同様のプログラムを開始する。初年度となる24年度は若年者100人を支援する予定だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月6日第2859号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ