【賃金調査】(独)高齢・障害・求職者支援機構/60歳代前半層の活用と賃金管理 60歳以降は賃金68%に 今後の方針も同水準に

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年金支給開始年齢引上げ 3割が対応予定なし

 高齢・障害・求職者雇用支援機構が実施した「60歳代前半層の活用と賃金管理」に関する調査によると、60歳または定年以降に初めて支給する賃金水準の平均は、それ以前の67.9%だった。従業員501人以上の64.5%に対して100人以下は72.1%となり、小規模ほど高い傾向を示した。今後の方針でみても、総じて現状並みとなっている。年金支給開始年齢引上げに伴う対応については、3割強が予定なしと回答した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月17日第2889号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ