医療・介護分野 外国人労働者の採用支援で成果 アイメイドアルファ

2019.10.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 医療・社会福祉分野に特化した外国人労働者採用支援事業を行う㈱アイメイドアルファ(東京都新宿区、荻野健代表取締役社長)が成果を上げている。留学生を介護福祉士に育成して入職させる取組みでは、事業を開始した2012年以降、合計600人を企業と結び付けてきた。

 留学生に対しては現地で日本語学習を行う。来日後は、さらに日本語学校(1年間)と介護系専門学校(2年間)で専門的な教育を実施する。その後、有料職業紹介制度を活用し、企業や法人へ在留資格介護か1号特定技能の労働者として入職させる。

 荻野社長は、グループ内に日本語学校を所有しているため、「日本語能力の高い労働者を企業に紹介できるのが強みである」と胸を張る。

 技能実習に関連する事業も行うほか、年内には特定技能の支援機関の許可を得る見込み。

令和元年9月23日第3226号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ