労働者保護の拡大を 曖昧な雇用関係に懸念 ILO・安全衛生で提言

2019.09.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ILO(国際労働機関)は、創立100周年を迎えたことから「仕事の未来の中心にある安全と健康 土台となる100年の経験」と題する報告書をまとめた。働く人々にとって、安全で健康的に仕事をするという課題に対して、将来的な労働安全衛生分野の取組み方を考察している。

 報告書ではICT化、AIなどの新技術が進むなか、労働関連ストレス、精神的影響を懸念した。デジタル化の…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年9月23日第3226号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ