プロ認定試験を開始 経験5年超が受験条件 販売員協会・来年2月

2019.09.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 海外ブランド企業や国内アパレル企業が参画し、販売員の地位向上と能力開発を支援している一般社団法人日本プロフェッショナル販売員協会(=JASPA、エマニュエル・プラット代表)は、販売力を評価する「JASPAセールスプロフェッショナル資格」制度を来年から開始する。販売員から店長やエリアマネージャーをめざす画一的なキャリアではなく、販売職を極めたい人材に新たなキャリアプランを示して企業に活用を促す。

 受験資格は、対面販売の実務経験が5年以上あり、販売する商品が婦人服などのファッション関係や宝飾、時計であることとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月2日第3223号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ