副業・兼業における時間管理のあり方で報告書――厚労省

2019.08.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」報告書を取りまとめた。副業・兼業時の時間管理の方向性について、考えられる選択肢を例示したもの。

 時間外労働の上限規制への対応として、①労働者の自己申告を前提に、通算して管理することが容易になる方法を設ける、②事業主ごとに上限規制を適用するとともに、適切な健康確保措置を講ずる――の2つの方法を提示している。

 今後、労働政策審議会で具体的な検討に入る予定。

副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会報告
https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000536311.pdf 

あわせて読みたい

ページトップ