適性診断の受診を 行政処分3割超えで通達 関東運輸局東京運輸支局

2019.08.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省の地方支分部局である関東運輸局東京運輸支局(高山和征支局長)は、一般社団法人東京都トラック協会会長宛に、新人、高齢者、事故を起こした運転者に対して適性診断受診の徹底を求める通達をした。

 このほどまとめられた平成30年度の関東運輸局管内の事業者に対する監査結果を詳しく精査したところ、適性診断が未実施のため行政処分を受けた件数が全処分の3割を超えていることが明らかになった。また、同運輸局で…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月12日第3220号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ