【今週の視点】インターンシップではない? 採用直結型は悪者か

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

共通理解深める機会に

 採用直結型のインターンシップを展開する企業が増えている。経団連は「人材育成の観点から、学生の就業体験の機会を提供するもので定義に反する」と倫理憲章で主張する。一方で、共通理解を深めることができミスマッチの防止につながるとして企業と学生の思惑が一致している部分も多い。最近の企業の事例を検証しながら今後の在り方について考えてみたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月17日第2889号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ