【今週の視点】インターンシップ適正化を

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

実質的な選考排除 「就職活動」の短縮化へ

 学業を優先するために2016年度新卒採用から選考活動の「8月解禁」が始まったが、就職活動がかえって長期化したとして、経団連がスケジュールの見直しを検討している。16年度採用では「インターンシップ」と称して実質的な企業説明会や選考活動が早い時期から行われていることから、面接解禁日の見直しだけでは不十分で、インターンシップの適正化が不可欠だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月7日第3043号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ