【今週の視点】若年層の制度改定も視野に 高卒初任給が高騰

2018.12.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

IT系で高額採用広がる

 企業業績の回復を背景として、各社の採用ニーズが一斉に高まり、新卒採用市場のあり方も変容しつつある。IT系ベンチャーでは優秀な人材を高額な報酬で迎え入れようとする動きが広がる一方、人手不足の影響から高卒初任給も高騰し、職種・産業によっては定昇分を上回る伸びもみられる。引上げに踏み切るに当たっては、若年層全体の改定も視野に入れたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月24日第3190号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ