【今週の視点】採用時から職務・役割基準

2017.03.02【労働新聞】
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

飛び級や領域を限定 大手の3割で短期離職増

 設備投資の回復やマイナンバー需要などを受け、IT人材の需給環境は近年、深刻さを増した。国内では中途採用市場が機能する数少ない業界の1つでもあり、積極果敢な獲得手法に出る動きが起きている。大手の3割で「短期で離職する正社員が増えた」とするデータがある一方、優秀な人材の確保に向けて「職務・役割を前提にした採用」が始まっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年2月27日第3102号7面

あわせて読みたい

ページトップ