【今週の視点】「育成」政策も忘れずに

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

建設分野の人手不足 当座の確保に縛られず

 にわかに騒がれ出した建設分野の人手不足。一貫性を欠いた政策運営のミスを批判している暇はなく、震災復興や東京五輪開催に向け対応は待ったなしの状況だ。外国人技能実習制度の時限的見直しという”当座をしのぐ”人材確保政策が浮上するのも分からなくはないが、2020年の先を見据えた「育成」政策も政労使で打ち出してもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月10日第2960号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ