【今週の視点】自己完結しない人材像を 柔軟さ欠く行動特性

2012.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

他社の優秀者も参考に

 高業績を上げる社員の行動特性を抽出し、期待される人材像を描くというコンピテンシーの考え方には、自ずと限界がある。社内に模範とすべき人材がいなければモデルをつくることはできないし、環境の変化によっては有効性も低下しかねない。能力基準との親和性からかつて盛んに試みられた人材像提示型の仕組みには、社内で完結しない柔軟さが求められている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月28日第2874号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ