社福施設向けeラーニング 中災防が開発

2019.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、社会福祉施設での労働災害防止に向け、介護業務従事者を対象とするeラーニング教材「イラストでチェック ここが危ない!介護施設」を開発、公開した。社会福祉施設で多発する災害類型ごとに、イラストを活用して事例と対策を紹介している。利用は無料。

 取り上げた災害類型は「腰痛」「転倒」「墜落・転落」「交通事故」の4種類。危険と思われる箇所を画面上のイラストから探す仕組みも導入した。

令和元年5月27日第3210号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ