36協定なく残業 天ぷら店送検に 大阪中央労基署

2019.05.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪中央労働基準監督署(島田晴弘署長)は36協定を締結せず労働者1人に時間外労働をさせたとして、㈱渡辺ハゲ天(東京都中央区、渡辺徹代表取締役)と同社の人事課長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 同社は東京や大阪などで、天ぷらを中心とした和食料理店を93店舗運営している。人事課長は、大阪市内にある渡辺ハゲ天天王寺ミオ店の労働者1人に、平成30年6月1日~30日までの間、62時間35分の違法な時間外労働をさせた。

 同店では36協定の締結・届出をしていなかった。この他にも協定を締結していない店舗があるという。

令和元年5月13日第3208号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ