最長で半年間の長期休暇可能に オリコ

2019.05.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱オリエントコーポレーション(=オリコ、東京都千代田区、河野雅明代表取締役社長)は、長期間の休職を認める「サバティカル休暇制度」を4月1日からスタートした。

 同制度は育児・介護や不妊治療などの両立支援、海外留学・資格取得などのキャリアアップ、さらにはボランティアなど休職事由を問わない制度。わが国企業での導入は珍しい。

 休職期間は最長6カ月で、1~6カ月以内で連続した期間が取得可能。回数に制限はなく、休職期間中でも福利厚生制度を継続して利用できる。すでに社員から利用したいとの声が挙がっているという。同社では「働く環境の整備を進めていきたい」としている。

令和元年5月6日第3207号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ