【フォーカス】NTTドコモ/フリーランスの活用 毎週の会議に1年間参加

2019.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新規事業開発で登用 社員へ大きな刺激与える

 移動体通信大手㈱NTTドコモ(東京都千代田区、吉澤和弘代表取締役社長、7767人)の国際事業部では、新規事業開発において、フリーランス人材を登用して社外のノウハウを活用している。新サービスのターゲットに詳しいマーケティングのプロとコンサルティング契約を結び、1年にわたって毎週2時間の活発な議論を重ねてきた。その経験は社員にとっても大きな刺激となり、部署を越えて同じような取組みを進める例も増えてきている。事前に守秘義務契約を結ぶなど、情報管理には慎重を期した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月22日第3206号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ