乳がん検診の全額補助開始 クラボウ

2019.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 繊維大手のクラボウ(大阪府大阪市、藤田晴哉代表取締役社長)は今年度から、同社健康保険組合と共同して婦人科系がん検診などの費用補助を開始する。

 乳がん検診は40歳以上、子宮頸がん検診は20歳以上を対象とした。希望者に対して2年に1回実施する検診の費用を全額補助する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月22日第3206号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ