中小企業に「採用の専門家」派遣 人材不足解消を支援 東京都

2016.08.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は、人材不足に悩む中小企業に専門家を派遣して採用活動をサポートする「中小企業の緊急人材確保支援事業」を開始した。

 支援対象は、東京都内に本社を置く常時雇用従業員300人以下の企業のうち、求人を出してから数カ月経過しても採用できないなど、即戦力となる人材の確保に課題を抱えている企業。

 年間100社を上限に専門家を派遣。専門家が各社の課題分析と改善計画作成を支援するほか、人事制度構築など改善策を提案する。支援の申込みは、東京都中小企業人材確保支援事務局(運営・アデコ㈱)☎03-5326-2116まで。

関連キーワード:
平成28年8月8日第3076号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ