サービス向上へ 独自指針定める 人材協医療協議会

2016.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 看護師など医療従事者の紹介サービスを営む事業者で構成する一般社団法人日本人材紹介事業協会医療系紹介協議会(川口肇代表幹事)はこのほど、第2回全体会を東京都内で開催した=写真

 同協議会は、医療系紹介事業分野での転職・採用支援サービスの質的向上などをめざし、昨年10月に発足。全体会では川口代表幹事が、これまでの取組みを紹介した。

 社会から転職の助長や悪質なサービスと受け取られるような行動を改善するため、独自のガイドラインを策定したと報告。「紹介した医療従事者に対して、再転職を目的とした働きかけは行わない」といったガイドラインの規定の遵守に賛同した企業だけに協議会に参加してもらっているとした。

関連キーワード:
平成28年8月1日第3075号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ