利便性の向上へオンライン活用 人材協事業計画

2021.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 一般社団法人日本人材紹介事業協会(渡部昭彦会長)は6月15日、2021年度定時社員総会を開催した(写真)。20年度事業報告を決議したほか、21年度事業計画を報告した。

 事業計画の柱には、会員企業の利便性向上に向けた効果的なオンライン活用を挙げた。職業紹介責任者研修のオンラインで開催するほか、労働関連法令に関するオンライン講座も開始する。

 厚生労働省の委託事業である医療・介護・保育分野における職業紹介適正化協議会事業にも注力する。適正な紹介事業者の認定制度の運営・構築を行っていくとした。

令和3年7月5日第3311号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ