介護離職防止に窓口 政令市では全国初 福岡市

2016.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福岡市は、介護離職防止に向け、情報提供などを行う「働く人の介護サポートセンター」を開設した。介護離職に特化した相談窓口の開設は、政令指定都市では初めて。

  働きながら介護をしていたり、今後行う可能性のある労働者に対し、仕事と介護両立のノウハウを提供して不安を解消してもらうのが目的。たとえば、福祉施設 や医療施設に短期間入所して日常生活上の支援や機能訓練などが受けられるショートステイなどといった介護保険サービスを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年8月1日第3075号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ