一斉帰宅抑制でモデル8社選定 東京都

2022.01.24 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京都は、自然災害発生時における従業員の一斉帰宅抑制に積極的な企業を対象とする一斉帰宅抑制推進企業認定制度の令和3年度認定企業として、32社を選定した。とくに優れた取組みを進めている「モデル企業」には伊藤忠プラスチックス㈱やリコーリース㈱など8社を認定している。

 伊藤忠プラスチックスは、定期的に安否確認訓練を実施するなど、実効性のある事業継続計画運用体制を構築した。リコーリースは、従業員による試食会を経て備蓄食を決めているほか、災害時には館内放送で帰宅抑制を呼び掛けている。

関連キーワード:
令和4年1月24日第3337号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。