企業の4割超 36協定見直す 東北6県経協調べ

2019.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東北6県の経営者協会が実施した雇用動向調査によると、働き方改革関連法に時間外労働の上限規制が盛り込まれたことを受けて、36協定を見直す意向の企業が43.3%に上っている。

 43.3%の内訳は、「既に見直した」が12.1%に対し、「見直す予定がある」は31.2%だった。

 講じている残業削減策では「仕事の実態に合わせた人員配置見直し」が43.6%でめだつ。

 調査は昨年9~10月に実施し、794社から回答を得たもの。

平成31年1月21日第3193号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ