鳥人間に例えハーネス推奨 低住協が川柳大賞

2018.11.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「鳥人間 なれぬあなたに フルハーネス」――全国低層住宅労務安全協議会(石野健二会長)は今年の「安全標語&ブラック川柳」大賞を㈱谷沢製作所の喜多麻里さんの作品に決定した。表彰式は10月23日、四谷ホール(東京・新宿区)で開催された全国低住協安全大会で行われた(写真)。今年話題となった安全帯をフルハーネス型に限定する法改正を奇しくも想起させる内容だ。

 準大賞に選ばれたのは、「『キレイだね』 私じゃなくて トイレかい!」(㈱ハマネツ・越峠多加さん)。「じゅうたく小町」の活動のうちの1つが建設現場の環境整備だが、普及が加速する「快適トイレ」と小町のぼやきが合わさったユーモラスな一句となっている。

平成30年11月15日第2318号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ