ハラスメント対策で講習会 厚労省・管理職向け

2018.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は管理職向けのハラスメント対策セミナーをJA共済埼玉ビル(さいたま市)で開催し、社会保険労務士の野崎律博氏が講師として登壇した(写真)。

 ハラスメント対策は人事担当者だけでなく、管理職もキーマンとなるが、法律を知らなかったためにトラブルに発展しまうケースが多い。

 野崎氏は「たとえば妊娠中の女性から『健診のために休みたい』と申出があったとき、断ってしまうと均等法違反のハラスメントになり得る」と強調した。人事担当者だけでなく、管理職も法律を知っておくことが必要であると訴えた。

平成30年11月5日第3183号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ