リスクアセス低調 委員会開催し議論を 松山労基署

2016.06.18 【労働新聞】

 愛媛・松山労働基準監督署(真鍋俊正署長)は、平成25~27年度に第三次産業の小売業、社会福祉施設、飲食店に対して実施した自主点検の結果をまとめた。3年間で186件の有効回答を得ている(回収率84%)。

 安全衛生管理活動について尋ねたところ、リスクアセスメントを導入していない事業場は、25年度50%、26年度42%、27年度62%だった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年6月13日第3068号3面

あわせて読みたい

ページトップ