「相違」申出8500件に 求人票と実際の労働条件 厚労省

2018.08.24 【労働新聞】

 ハローワークの求人票記載内容と実際の労働条件の相違があったとする申出件数が3年連続で減少したことが、厚生労働省の調べで分かった。平成26年度には1万2000件を超えていたが、27年度以降減少し、29年度は前年度比9%減の8507件だった。

 平成29年度の申出内容で最も多かったのは「賃金に関すること」で全体の27%を占めている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年8月27日第3174号1面

あわせて読みたい

ページトップ