大手夏季賞与 95.4万円に 経団連最終集計

2018.08.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、2018年夏季賞与・一時金の大手企業妥結結果の最終集計(加重平均)をまとめた。対象となった146社の総平均は95万3905円で、前年の87万8172円を8.62%上回っている。

 製造業は前年比6.09%増の94万4805円。一方、非製造業は同16.68%増の97万9027円と大幅に伸びた。

 主な業種について妥結額が高い順にみると、建設161万7761円、商業109万2885円、自動車106万1566円、化学(硫安含む)93万5522円などとなっている。

関連キーワード:
平成30年8月20日第3173号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ