疲労回復へ特別休暇 所属長が取得命令も ドクタートラスト

2018.08.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

青空 健康管理サービスなどを行う㈱ドクタートラスト(東京都渋谷区、高橋雅彦代表取締役)は今月、年次有給休暇とは別に社員に心身の疲労回復を目的として年5日の休みを与える「元気回復休暇」を導入した。

 本人からの申し出に基づき社内の医療職などの判断で取得する方法以外に、所属長の判断で取得を命令できるのが特徴だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月20日第3173号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ