50周年祝う式典を開催 香川県社労士会

2018.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 香川県社会保険労務士会(植田博司会長)は6月18日、社労士制度創設50周年を記念した式典を全国に先駆け開催した。

 式典には全国社会保険労務士会連合会の大西健造会長が出席し、記念講演を行う予定だったが、同日朝に、大阪府北部を中心に発生した地震の影響により欠席。同県社労士会の大谷義雄最高顧問が急遽ピンチヒッターとして登壇し、「なぜ今?『働き方改革』」と題する講演を行った(写真)。

関連キーワード:
平成30年7月2日第3167号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ