運転者教育を強化 睡眠不足への注意促す 国交省

2018.06.25 【労働新聞】

 国土交通省は、自動車運送業による輸送の安全確保に向けて、運送事業者が運転者に対して行う指導および監督の内容を定めた指針(告示)を改正した。新たに、睡眠不足が交通事故の原因となることを理解させることとしている。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年6月25日第3166号1面

あわせて読みたい

ページトップ