フォロー研修を今年度から実施 東空衛

2018.06.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人東京空調衛生工業会はこのほど開いた定時総会で、今年度から業界に入職した若手社員の離職防止に向けた「フォローアップ研修」を実施すると明らかにした。平成23年度から技術系新入社員研修を行うなど、人材の教育や研修に力を入れている。

 総会では、是常博氏から㈱テクノ菱和代表取締役社長執行役員の黒田英彦氏に会長が交代する新人事も承認。総会後に開いた記者会見の席で黒田会長(写真)は、女性労働者の少なさを課題の1つに挙げ、「トイレなどの整備はまだ進んでいないので対処していきたい」と話した。

 完全週休2日制でないと学生が業界を就職先として選択しないとし、働き方改革を進める必要性を強調した。そのうえで、「発注者の意識が足りない」として、業界単独で労働環境の改善は成し遂げられないとの見方を示している。

平成30年6月11日第3164号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ