選考解禁前で内定あり4割 民間調査

2018.06.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 選考解禁前にもかかわらず5月1日時点での内定率が4割を超えている。人材業の㈱ディスコが、学生1197人から回答を得たインターネットを通じて行った調査で判明した。

 その時点での内定率は、文系男子38.3%、文系女子37.6%、理系男子49.8%、理系女子47.2%となり、全体的に理系の学生の方が内定を得ている割合が高い。

 内定獲得後も就職活動を継続する学生が3分の2を占める一方、就職先を決定し活動を終えた学生も3割近くみられる。

ジャンル:
平成30年6月4日第3163号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ