前年比520円減に――16春闘・中堅中小の妥結額

2016.04.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 業界大手を含む中堅中小の春闘状況を本紙が集計したところ、ベアを含む賃金改善で妥結した239社の平均妥結額は1362円となった。前年同一企業(151社)だと1229円で、520円前年を下回っている(6面に第3回分妥結状況)。

 業種別では、電機1393円、自動車1105円、鉄鋼・造船重機等1462円、機械金属1138円、紙パ1075円、ゴム945円、食品1865円、流通2864円、鉄道750円、航空1754円、病院130円などとなった。前年同一組合比較で増加したのは紙パ(50円)と航空(416円)のみで、電機1361円、自動車543円をはじめ、軒並み前年の妥結水準より少ない。

ジャンル:
平成28年4月25日第3062号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ